医薬部外品・化粧品・雑貨

一般的に化粧品として認識されている商品の中には、大きく分かりやすく分類すると、医薬部外品、化粧品、雑貨というものがあります。

 

化粧品だと思って使用していたものに、雑貨と呼べるようなものがあるなんて、驚きですよね。
だからこそ、化粧品を購入する際には価格や見た目のかわいらしさだけでなく、その成分などもしっかり確認しなければならないのです。

 

医薬部外品は有効成分を配合

まず、ニキビケアのための化粧品でよく見かける「医薬部外品」という表示がありますね。
これは、有効成分と言われる肌に一定の効果が認められる成分を配合した、化粧品と医薬品の間くらいの商品、ということになります。
つまり、一般的な化粧品よりも大人ニキビを改善できる効果は高い、ということが言えますね。

 

そのため使い方に関しては多少の注意は必要なのですが、医薬品ほど強い作用があるわけではないので、それほど神経質にならなくても、安全に使用していくことができます。
より効果的なニキビケアを行いたい方は、どのような有効成分が含まれる医薬部外品なのかを確認しながら選んでいきましょう。

 

化粧品は薬事法で効果を謳えない!

化粧品というものは、薬のように何らかの症状を治癒させたりする商品ではありません。
そのため、「こんな効果がある!」といったことを謳うのは、薬事法で禁止されています。
また、責任表示をする義務があり、化粧品の製造販売元や内容量、使用上の注意、全成分の表示、使用期限、製造記号などが記載されていなければなりません。

 

普段使用している化粧品をよく見てみると、こういったことがしっかり記載されているのが分かりますね。ですが、「これを使えばニキビに効果あり!」なんて謳っている化粧品があれば、薬事法違反になる可能性があるので信頼できるとは言いにくいですね。

 

実は雑貨な化粧品

一見、可愛らしい容器に入っている化粧品に見えるけれど、よくよく確認してみると化粧品とも呼べない雑貨扱いの商品もあります。こういったものには成分の表示が無かったり、化粧品としての届け出を行っていなかったりします。

 

もちろん、中には安全・安心で実際に使用することで何らかの効果が得られるようなものもあるかもしれません。ですが、信頼性という点において、劣る部分があるため、深刻なニキビ肌に使用するのは控えた方が良さそうですね。

関連ページ

保湿力は基本中の基本!
大人ニキビを繰り返してしまう肌は、肌表面のバリア機能が低下している傾向があります。保湿力高めの化粧品をたっぷりと使用して、肌の内側からしっかり潤った状態に導くことにより、バリア機能が改善してアクネ菌などの外的刺激に負けない美肌を作れます。
何ステップのニキビケア?
スキンケアはどこのメーカーを選ぶかによって、使い方にも違いがありますよね。ステップは多い方が良いということはなく、大人ニキビの症状、それぞれの化粧品に合った使い方をしていくことが大切なポイントです。
使用感をしっかり確認!
ニキビ化粧品を選ぶ際に、特に大切にしたいのが使用感です。実際に使用してみて、その使用感をじっくりと自分自身の肌で体感してみましょう。トライアルや全額返金保証付きの商品がある化粧品なら、使用感も試しやすいですね。
安全性への配慮はどう!?
化粧品はお肌に直接塗布していくものですから、口にする食べ物と同じくらいの安全性を確保したいですね。すぐに症状が出なくても使い続けることで将来の肌に影響してくる恐れもあるので、安全性にはとことんこだわっていきましょう!