自己判断でニキビを潰しちゃダメ!

ニキビができると、ついつい触りたくなってしまいますよね。
中には潰して芯を取り出したほうが早く治癒するニキビなんかもあり、そういったものは、特に触らずにはいられない衝動にかられてしまいます。

 

ですが、そんなニキビ、自己判断で潰してはいけないのです。
潰すことで、ますます症状を悪化させてしまう恐れもあります。

 

ニキビを潰すと跡になる可能性大!

ニキビを潰してはいけない大きな理由が、治癒後に跡として残ってしまう可能性が高いからです。
ニキビを潰すと、その部分はキズとなりますね。
このキズが、何事もなかったかのように治癒すれば良いのですが、頑固な色素沈着として残ってしまうことがあります。

 

また、ニキビの芯が深かった場合には、潰すことにより、クレーター状に凸凹の肌になってしまう可能性もあるのです。ニキビ自体が治っても、なかなか治癒しないニキビ跡が残ってしまっては、何の意味もありませんね。

 

ニキビを潰すと悪化することも!

自己判断でニキビを潰すと、治癒するはずと思っていたニキビが、逆に悪化してしまうこともあります。潰してキズになったところから、菌が入り、炎症を起こしてしまうのです。

 

そうなると、もう皮膚科にお世話になって、薬を処方してもらい、炎症を抑えるほかありませんね。炎症を起こした状態で自己判断でおかしなことをすると、ますます症状が悪化するかもしれません。
早急に治療を受けましょう。

 

ニキビを潰す治療は皮膚科で!

どうしても潰したほうが完治しそうなニキビがある場合には、皮膚科に相談しましょう。
皮膚科では、しっかりと衛生面に配慮した器具を用いて、正しい方法で潰してくれます。

 

自宅で不衛生な器具や指で潰すのは危険ですが、正しい治療法で潰せば、安全に早く、ニキビ対策をすることができますね。
潰した後のケアに関しても、医師のアドバイスに従いましょう。

関連ページ

大人ニキビにゴシゴシ洗いは禁物!
ニキビができる原因は、毛穴の汚れ。 そう聞くと、どうしてもやってしまうのが「ゴシゴシ洗い」です。 徹底的に洗って汚れや皮脂を落とせば、ニキビが完治すると思っていませんか? 実はこれは、大きな間違いです。
大人ニキビに油分は不要ではない!
ニキビができる肌は皮脂が過剰分泌しているから、油分は不要! そんな考えは、今すぐ捨てましょう! 適度な油分を補ってあげないと、肌の状態はますます悪化します。
大人ニキビに夏場は保湿は不要!?
大人ニキビの大きな原因の1つである「乾燥」。 そんな肌の乾燥が特に現れやすいのが、秋冬ですね。 そのため、「夏場には特に保湿は必要ない」と感じてしまう方も多いものです。 ですが、実はこれは大きな間違いなのです。
大人ニキビは隠さない!
大人ニキビができてしまうと、とりあえずの応急処置として、そのニキビを隠そうとしてしまいますよね。 隠す方法としては、髪の毛で覆ったり、メイクを重ねたり・・・ ですがこれらの方法は、実はニキビに悪影響を与えてしまいます。
大人ニキビに過剰なケアは逆効果!
大人ニキビができると、早く治したいとアレコレ化粧品を使いたくなってしまいますよね。 ですが、実は過剰なケアをすることで、大人ニキビを悪化させてしまう可能性もあります。