バストアップサプリ 副作用 起こさないために

バストアップサプリで副作用を起こさないために!

バストアップサプリは、副作用ばかりを恐れていては何もチャレンジすることができません。確かに副作用の懸念はゼロではありませんが、正しく利用していけば、副作用のリスクは大幅に軽減できるものなのです。

 

用法・用量を守って!

まず基本中の基本と言えるのが、各メーカーが定める用法・用量をしっかり守って摂取していくということです。「早くバストアップしたいから」と焦って、大量のサプリを摂取した場合には、特に副作用が起こりやすくなりますので要注意です。過剰摂取は絶対にしないように、目安量の範囲内で摂取していきましょう。

 

もし過剰に摂取した場合の効果についてですが、残念ながらバストアップサプリは、用量を超えて飲んだからと言って効果が高まるものではない、と言われています。毎日コツコツ、定められた量を飲み続けることこそが大切です。

 

バストアップサプリ選びの工夫

バストアップサプリにも様々な種類があり、その内容によって、副作用の可能性も変わってきます。

 

プエラリア・ミリフィカがメインのもの

含有量が多いほど副作用のリスクも高まります。また、卵胞期と黄体期での飲み分けも必要です。

ワイルドヤムやチェストベリーが配合されたもの

これらの成分はプロゲステロンに働きかけるもので、副作用は少ないと言われています。飲み分け不要なものもあるので、副作用が不安であれば、こういったものと同時に摂取できるサプリを選ぶと安心です。

不純物について

純正100%のプエラリア・ミリフィカは高品質で安全性も高いですが、不純物が含まれると、副作用の懸念も高まってしまいます。

海外製は危険!

海外で販売されるバストアップサプリは、日本では認可されない成分が含まれていたり、プエラリア・ミリフィカの配合量が多すぎることもあるので要注意です!

 

こういった点にも着目しながら、より安全性の高いバストアップサプリを選ぶことで、副作用という大きな不安を軽減することができるのです。

 

バストアップサプリの飲み方の工夫

バストアップサプリは、飲み方の工夫で副作用のリスクを減らすことができます。

 

生理中は飲まない!

生理中は特に体調も崩しやすいデリケートな時期ですね。しかもホルモンバランスが乱れやすいので、この時期は摂取を控えた方が安心です。

卵胞期と黄体期で飲み分ける

エストロゲンをサポートするプエラリア・ミリフィカは卵胞期に役立つサプリです。その点を理解し、適した時期に摂取することで副作用が起こりにくくなります。

体調が不安定な時期は避ける

風邪をひいていたり、免疫力が低下しているような時は無理せず中止して、様子をみましょう。

 

サプリは医薬品ではないので、比較的自由な飲み方ができるのが魅力ではあります。ですが、安全に安心して使っていくためにも、こういった飲み方のちょっとした工夫も取り入れていくことが重要なのです。

関連ページ

バストアップサプリで考えられる副作用
バストアップサプリは、豊胸手術のように体を傷つける方法に比べれば、安全性の高いバストアップ法であることは確かです。ただし、こちらはサプリであるとはいえ、副作用の懸念も少なくないものであるということを忘れてはなりません。
副作用が起こったら!?
バストアップサプリを摂取していて、もし生理不順や倦怠感、頭痛、吐気、貧血のような症状が起こってきた場合には、しっかり対策を立てていくことが大切です。慌てず、まずは冷静になることから始めましょう。
バストアップサプリを飲んではいけない人
バストアップサプリを飲むことで、深刻な副作用を起こすリスクが高い人もいます。体質や体調によっては、摂取しない方が良い場合もあるので、事前にしっかり確認しておきましょう。